ミステリー作家や~よ

絶対に読んで欲しい米澤穂信おすすめ5選

f:id:yamadaenikki:20180429095717j:plain

本格だけでなく、ちょっぴりシリアスなお話や青春小説など様々な世界観で読者をどっぷりハマらせてくれる米澤穂信さん。

そんな多様なジャンルを書く米澤穂信さんのおすすめ作品を紹介していきます。

今回は、米澤穂信さんの多くの作品の中から特に面白かったものを独断と偏見で厳選して紹介しています(。-`ω-)

参考にしていただければ幸いです。

1.『氷菓』

言わずと知れた超名作『古典部シリーズ』の第一作目に当たる作品です。

米澤穂信さんと言えばコレという方は多いのでは??(私もその一人です)

TVアニメ化に留まらず実写映画化も果たしているので面白くないはずがありません!!!

誰も死なない日常の謎を解きながら高校生らしい感情を鮮明に書いた青春ミステリーです。

非常に読みやすい文章校正でまるでラノベを読んでいるかのようにスラスラと読めてしまいます!!

米澤穂信さんの本をこれから読もうと思っている方はまずは本書から読むこと強くおすすめします。

あ、そうそう本書はシリーズものですので必ず順番通りに読みましょう。

①『氷菓

②『愚者のエンドロール

③『クドリャフカの順番

④『遠まわりする雛

⑤『ふたりの距離の概算

⑥『いまさら翼といわれても

が順番です!!

何事にも積極的には関わろうとしない“省エネ”少年・折木奉太郎は、なりゆきで入部した古典部の仲間に依頼され、日常に潜む不思議な謎を次々と解き明かしていくことに。

2.『儚い羊たちの祝宴』

うん。このどんよりとした雰囲気とホラーチックなお話を書く米澤さんが大好きです。

この手の作品をもっと多く書いて欲しいですね。

5編からなる短編小説で最初の4編を読んだあと最終話を読むと心臓を鷲掴みにされます。この感覚が本当に最高。

すべての話に“バベルの会”という謎のサークルが関わってくる連作短編集となっています。

すべての短編に巧妙なトリックが仕込まれていて、ミステリーファンにもおすすめです。

どの作品も完成度が高く、いい意味で恐ろしい短編集。

こんな話は米澤穂信さん以外書けないでしょう。

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。

夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。

翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。

3.『満願』

先程紹介した『儚い羊の祝宴』と並んで米澤穂信さんの名作と言われている話。

とは言え、全く違った方向性で話が展開されています。

しかも、2015年の「このミステリーがすごい!」で1位になった名作です。これは読まない手はですね~( *´艸`)

6編からなる短編集でどのお話も読者の期待と想像をいい意味で裏切ってくて飽きずにサクッと読めてしまうんですよ。

後味が悪い作品が好きな方やミステリー好きの人におすすめの一冊です。

「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが…。

鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、全六篇を収録。

4『さよなら妖精』

こちらも米澤穂信さんを語るうえで外せないお話

初期の米澤さんらしく、少し荒削りな面が垣間見える仕上がりだと感じました。

しかし、それをフォローする話作りと胸をえぐる様な読後感…

本来ならば本書は『古典部シリーズ』として書くつもりだったそうですがややこしい事情がありそれが出来なくなってしまいました。

なので、本書は『古典部シリーズ』の様な雰囲気を纏いつつも、大人向けの青春ミステリー小説となっています。

雨宿りをする彼女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。

5.『王とサーカス』

先程紹介した『さよなら妖精』のお話から10年後、フリーライターとなった太刀洗万智がネパールで出くわした王族殺人事件を描いた物語です。

もうここまで来たら、ミステリーというジャンルを優に超えている。

情景描写も素晴らしかったし、壮大な物語だったと思えます。そして、あの結末にはグッと来るものがありました。

2年連続で賞を受賞しているのでハードルは嫌でも上がってしまいますが、それを余裕で超える読みごたえがあります。

とにかく、おすすめでなるべくいろんな人に読んで欲しい名作です。

2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。

現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。

おわりに

基本、どの作品も面白い物ばかりですが、今回紹介した米澤穂信さんの本は、特に面白く、おすすめなので優先的に読んで欲しいです。

ライトミステリーから本格まで書く米澤穂信さんの幅広い世界観を堪能していただければと思います。

POSTED COMMENT

  1. 神崎和幸 より:

    こんばんは。
    自分も『氷菓』読みましたよ。
    面白いですよね。
    隙がなく綺麗にまとまった日常ミステリーだと思いました。
    その上ひとりひとりのキャラクターに好感を持てたのも良かったです!
    それ以外の紹介されている作品も読みました。
    どれも面白いと思いましたよ。
    米澤さんの作品は本当に素晴らしいと思います。

  2. yamadaenikki より:

    神崎和幸さん
    コメントありがとうございます‼︎
    確かに氷菓は日常ミステリの中でトップクラスに面白い作品ですよね‼︎
    名作揃いですが、これを全部読んでいるとはかなりの米澤ファンですね(*^^*)
    この他にもオススメの作品があれば是非教えてください

  3. 神崎和幸 より:

    米澤さんの作品なら「リカーシブル」がおすすめです。
    それ以外の作家さんなら原田マハさんの「楽園のカンヴァス」がいいですよ。
    どっちも面白いです。(笑)

  4. yamadaenikki より:

    神崎和幸さん
    原田マハさんですかいいですよね‼︎(あまり読んだことはありませんが…)今度書店に行った際には最優先でチェックさせていただきますね(*≧∀≦*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です