ろびこ『となりの怪物くん』が少女漫画好きにおすすめしたい作品でした。

スポンサーリンク

今回は小説ではなく

このブログでは初の漫画の書評を書いていきます。

 

実は、山田は少女漫画が大好物で

小説を読む傍ら、気分転換を兼ねて

少女漫画をよく読んでいるのです。(*^_^*)

 

あまり、ドロドロした恋愛ものは読んでなく

主にラブコメを読んでいます。

 

今回紹介する作品は

単行本累計発行部数500万部以上っ!!

正真正銘の人気作品!

ろびこ先生によって描かれた

作品『となりの怪物くん』です。

 

数年前にアニメ化もされ、漫画も無事に完結している

2018年には実写映画化も決まっている

この作品を今更紹介するのかよ…と思った方

すいません…(>_<)

ですが、どうしても書きかかったのです(笑)

 

 

となりの怪物くんのあらすじ

 

入学初日以来、不登校の高校生

今や、学校では“幻の新入生”とし、話題の男

吉田 春(よしだ はる)

 

一月まえ彼が上級生3人を病院送りにした

現場には今もなお凄惨な事件の

爪痕が残っている(くっきりと)

 

かくして彼は投稿1日目にして停学となったわけだ

(一巻P.8より)

 

 

そんな春のクラスメイトで席がとなり

興味があることは自分の成績と将来のみ

水谷 雫(みずたに しずく)

 

教師の頼みでたまたま春にプリントを

届けることになった。

そのことがきっかけで春に友達認定をされてしまう。

 

これが春と雫の出会いだった。

 

春の身体能力は常人以上。

これも“怪物くん”とタイトルに入る由縁だろう。

 

依然として学校には来ないものの

春は雫の登下校を狙って拉致し、一緒に遊んだ。

 

春の単純で子供っぽい性格がどこか放っておけない雫は

仕方なく一緒に遊んだ。

 

春は友達だからといえば快くお金を渡す。

もちろん、金づるにされるのは言うまでもない。

 

そんな不良連中に雫が春のことを

友達と思っているのならもっとちゃんと

春と付き合ってくれと一喝

 

よ、吉田君はあなたたちのことを

友達と思ってるから

 

だから

も、もしあなたたちもそう思ってるんだったら

 

彼と

もっと誠実に付き合ってあげてください

 

(一巻P.32より)

 

 

その日の帰り

春は雫に好きと告白した。

 

 

ライバル出現!!

 

恋愛漫画の醍醐味でもある

ライバルの登場もある

少女漫画は三角関係でないとね♪

 

山口 賢二(やまぐち けんじ)

通称 ヤマケン

彼は、山口総合病院の息子であり金持ち

容姿もよく成績優秀、極度の自信家でプライドも高い

学校も雫たちとは違い

お金持ちが通う有名なエリート学校海明学院

春もかつて同じ学校に通っていた。

 

春とは、昔からのライバル関係で

今は、恋のライバル。

 

最初こそ雫に「ガリ勉」、「地味」と女性として

見ていなかった彼だが文化祭や冬期講習などの

イベントで自分が雫に惚れていることに気付く

 

「春の好きなやつ」と知りつつもアピールを試みるが

プライドが邪魔をして素直な気持ちを表せないでいる

 

作者公認の“当て馬”なので結局は雫に振られる

だが、ヤマケンがこの作品に最も貢献していると

個人的には思っている。

 

基本的に山田はこのキャラに感情移入がしやすく

今作品で愛着のあるキャラの一人である。

 

本作でヤマケンが主要人物に昇格した3、4巻は

主人公ってヤマケン!?といっていいほどの見せ場がある。

 

 

となりの怪物くんの魅力とは

 

この漫画の魅力は何と言っても、作品に見事にマッチした

ろびこ先生の画力にあるのではないでしょか。

 

前半はギャグが強く感じられる作品ですが

後半では、雫、春、はもちろん

他のキャラの恋愛の心情を上手く描いている。

 

恋愛描写とギャグのバランスを上手く取っている

ろびこ先生の画力こそが

となりの怪物くんの最大の魅力になっているのだと思う。

 

 

最後に

 

この作品、となりの怪物くんには

とても変わった登場人物が多です。

ギャグもセンスがあり一気に読めてしまいます。

 

 

ギャグ5割、恋愛4割

残り1割は人間的成長を綴った

漫画のように思えました。

 

正反対のようで友達や恋愛を理解していない点で

どこか似ている二人はのちに付き合うことになるも

お互いの性格的な問題で壁に当たる。

 

春は、雫に狂気的な恋愛感情をぶつけているも

それを鮮やかにスル―する雫

 

だが、話が進むにつれてだんだんと春への思いや

友達の大事さ、人の感情などが強くなっていく

雫の成長などとても読み応えのある作品でした。

 

2018年に実写化が決まっているようですが

個人的には昨今のアニメ、漫画ブームに乗っかり

何でもかんでも実写化する風潮は好ましくありませんが

今回の実写映画化でとなりの怪物くんの

おもしろさを是非知ってほしいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

読者登録やスターなどとても励みになるので

よければ押してください(^_^)/