小説のあとがき・解説って…

スポンサーリンク

こんにちは、山田絵日記です^^

 

今回は小説の紹介ではなく

山田が前々から小説について疑問に思っている事について

書きます。

 

何故、小説って単行本には“あとがき”、“解説”が

書かれてないのに

文庫本には書かれていることが多いの?

という素朴な疑問を抱いたことがある人はいると思います。

 

そこで、今回は単行本のあとがき、解説について

山田なりに考えていきます。

 

あくまで、一つの考えとして捉えてください。

 

 

あとがき・解説とは

 

本・漫画の末尾に掲載される、小説・エッセー本体とは

独立したパートとしての読み物。

 

その本の著者によって書かれるのが普通で(他の人が書いた場合は『解説』・訳者の場合は『訳者あとがき』になる)、内容より先に

書かれることもある(『まえがき』)。

 

作者自身による作品解説が書かれることもあれば

単なる近況報告のこともある。

                                                                             (はてなブログより引用)

 

基本は作者が物語の説明などを

よく記載している。

 

上記にもありますがあとがきや解説は

作者や編集さんの任意です。

 

解説などがない場合の文庫本もあります。

 

人によっては、先にあとがきや解説から読んで

本編を読む人もいるのではないでしょうか(・・?

 

まぁ、山田がそうなのですが(◦˙▽˙◦)

 

 

あとがきから情報を得る

 

  • 作品が作られるまでの経緯

必ずしも書いているわけではありませんが

たまに書かれていると思わず読んでしまいますね(^o ^)

 

やはり、作品ができた経緯などを読むと

その本への愛着もより一層深まりますよね。

 

  • 本編の紹介

本編の紹介なんかはよく目にするのではないでしょうか

 

特に短編集などでは、物語ごとに作品の

説明をしている場合もあるため

先に物語を理解してから本編を読んだりもします。

 

 

解説のここが良い

 

  • 他者がどの様に作品を評価しているのかがわかる

まあ、文庫本の最後に記載され、出版しているわけですから

作品の批判なんてまずみませんが…

 

それでもその人が作品のどのような場面を

評価したかの一定の目安になります。

 

たまーに、ミステリー小説などでは

断りもなくトリックや犯人のネタバレが入り

涙することもありますがね(^_^.)

 

  • 読者と同じ目線!

解説は作者ではなく他人(作家さん)が依頼を受けて書きます

ですので、解説は自分と同じ立場であくまで"一読者"です。

 

また、こんな捉え方をするのかと勉強になったりもします。

 

 

まとめ

 

人によっては解説やあとがきは不要だ!!

という人もいるでしょうが

 

山田は解説などを読むのが好きですね!

 

そのジャンルに詳しい人などの解説は有益なことが

書かれていることが多いですからね♪

 

あとがきでは

作品の雰囲気や作者がどの様にして考えて書いたのか

 

解説では、他人が作品をどう評価したのかを

確認できるので文庫本を読む際には是非あとがきや解説に

目を通してみてください。

 

また、ネタバレを気にしないのであれば

あとがき、解説から読んで本編を読むのも普段と違って

面白いかもしれませんよ!

気になったら実践してみてください(^^)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

では、近いうちにこのブログにてお会いしましょう。