【ラノベおすすめ40選】最強に面白いライトノベルを厳選してみたよ!!

スポンサーリンク

f:id:yamadaenikki:20180519053305j:plain

 

年間数千冊以上が発刊しているライトノベル。

 

そんなに世に出ていたらいくら読んでも追いつきませんね

 

そこで今回は、おすすめのラノベを40作品に厳選して紹介していきます!!

 

ラノベは普通の小説より言い回しが分かりやすく、シーンが理解しやすい場合が多いです

 

なので、漫画と小説の間という感覚で誰でも気軽に読めるのが最大の魅力ですよね。

 

んで、今回紹介するジャンルですが

日常系?ラブコメ?それとも戦闘もの??

 

はい、ジャンル不問でただひたすら自分が実際に読んで面白かったラノベのみ紹介していきます。

 

アニメ化されているあの作品や有名なあの作品もありますよ!!

 

流石に、40作品も紹介するわけなので結構長めですが…

 

最後まで読むかどうかはともかく、参考になれば幸いです。

 

1.『ソードアート・オンライン』

 

 

おすすめのラノベ=SAOってのは、流石に単純すぎるかなーとは思いましたが

 

それでも面白いから仕方がない。

 

仮想現実の世界で主人公・キリトが剣や魔法を屈指して戦うという王道展開!!

 

そして、ハーレムに恋愛、ギャルゲばりのお約束展開も…

 

男なら一度は読んでおきたいラノベです!!

一言でいうなら、そうですね、男のロマンっ!!!

 

「文字多いじゃん、読むのめんどいよ」って人にこそおすすめしたいラノベですね。だって、超読みやすいもん。

 

アニメは見ているけど原作は手が出せない…という方この機会に是非読んでみてください。

 

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する―。

謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずにログインした約一万人のユーザーと共に、その苛酷なデスバトルは幕を開けた。

 

2.『ガンゲイル・オンライン』

 

 

先程紹介したSAOが剣と魔法ならば本書はそれの銃バージョンとでも言いましょうか。

 

しかも、しかもですよ、作者は大人気のラノベ『キノの旅』で有名な時雨沢恵一さん&黒星紅白さんのお馴染み最強タッグです!!

 

『キノの旅』を読んだ方ならお分かりでしょう、時雨沢さんの銃などの武器描写が細かい、かつリアルということを

 

すいません。正直に言います。こっちの方が好きだわ…

 

好き嫌いはともかく、SAOが好きなら本書はかなりおすすめです!!

 

身長183cmの女子大生・小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)。

長身コンプレックスが災いし《現実世界》では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。

身長150cmにも満たない理想の"チビ"アバターを手にした香蓮は、全身ピンクの戦闘服を身に纏い、プレイヤー"レン"となってGGO世界を駆け回る!

 

3.『物理的に孤立している俺の高校生活』

 

 

日常異能力系というラノベお馴染みの設定で展開されるストーリーがたまらなく好き

 

特殊能力を持つものばかりを集めた高校が舞台となっていて

 

主人公の能力が“半径一メートル以内に入ってきた人間から体力を奪う”という超凶悪な能力。

 

困ったことに、主人公の意思とはほとんど無関係に発動するなんておまけ付き。

 

タイトルの通り物理的に孤立しているのです。

 

設定だけでなく、高校生らしい心理描写も上手く書かれておりその点もポイント高い!!

 

近年のボッチ系異能力学園ものが飽きていたというかたにおすすめの一冊です。

 

この俺、波久礼業平には悲しいけどマジで友達がいない。周囲の人間の体力を奪う異能力のせいだ。

クラスでも物理的に孤立してて、まさにスクールカースト範囲外!いや、理不尽すぎるだろこの立ち位置!そんな俺の前に現れたのが、高スペックなくせに毒舌のせいで友達ができない、通称「氷の姫」高鷲えんじゅ。

こいつが友達を作る『同盟』をもちかけてきたんだけど、ぼっちが集まっても建設的な意見なんて出せないよね―とか言って諦められるか!

 

4.『クズと天使の二週目世界』

 

 

はい、お察しの通りタイムリープ系のラノベです。

 

手違いで死んでしまった主人公が10年前からやり直すといういたって普通の設定ですが

 

天津向さんの文章力と『ガヴリールドロップアウト (1) (電撃コミックスNEXT)』で有名なうかみさんの可愛らしい挿絵で一気に面白くなってます。

 

やり直しというだけあり、基本的には成功を積み重ねていくので読んでいてかなり気持ちいお話なのでおすすめ度高めです。

 

俺、雪枝桃也は三十歳の構成作家。

先輩作家や知り合いから仕事をもらって食いつないでいる。

同期はアイドルと結婚。かつての仕事仲間はそれぞれ栄達を果たすなか、一人まったく売れていない。

誰が悪いんだ?頑張りすぎたあいつらか?頑張らなかった俺なのか?そんなあるとき、俺は工事現場の落下事故に巻き込まれ命を落とすが、それは天使のミスだった!?救済措置で過去に戻れる?それなんてチートですか?

 

5.『編集長殺し』

 

 

ラノベ編集部の真面目な新人の苦悩を描いたお話。

 

いわゆる、真面目なお仕事系ラノベ…というわけではなく

 

半分以上は、奇人変人の先輩とドS幼女編集長に振り回されるコメディです。

 

最近のお仕事ラノベあるあるの一つ、真面目な新人がドSな上司や変人に振り回されるという話ですが

 

使い古された設定でよくもこんなに面白くかけるものだなと思いながら読んでいました。

 

普通に腹を抱えて笑えるギャグが面白く一気読みできるラノベです。

 

あ、あと、本書は好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思うのでレビューをしっかり読むことをおすすめしますよ。

 

私、川田桃香。ギギギ文庫一年目の新人編集者です!

カバーデザインに悩む今日この頃、編集長にデザイン案を見せにいったのですが…「なにこのヤ●チャみたいな戦闘力のカバーは。干されたいの?」…ボロクソですっ!

編集長は、見た目はたいへん可愛らしい幼女なのですが、中身は骨の髄まで真っ黒なドSロリなのです。

  

6.『出会ってひと突きで絶頂除霊!』

 

 

普通表紙エロっ!!ってだけで購入したラノベだったのですが作者の名前を見てびっくり

 

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)』で有名な赤城大空さんが描いているとは

 

これは面白くないはずがありません!

 

霊をアヘ顔除霊する主人公が、他の除霊技術を持つ人と協力して除霊していくというお話です。

 

終始お腹が痛くなるほど笑えて下ネタばんばん入れてくるラノベ。

 

とにかく、『下セカ』が好きな人にはかなりおすすめの作品です。

 

―絶頂除霊。それは突いた相手を生者死者問わず絶頂させ、もののついでみたいに昇天させる猥褻能力。

絶頂除霊などという呪われた能力を宿した少年・古屋晴久は、同じような呪いの眼―淫魔眼を持つ少女・宗谷美咲に出会ってしまう。

その眼によって弱みを握られた晴久は、半ば強制的に退魔師史上最低最悪なチームを組むことに。

 

7.『りゅうおうのおしごと』

 

 

全国のロリコンは、このラノベを読むべし!!

 

将棋ラノベではあるのですが、ギャグ、ラブコメ、そしてメインとなる将棋描写

 

すべてのバランスが整ったラノベでした。

 

その証拠に、このライトノベルがすごい!の2017、2018年で文庫部門1位を2連覇しています。

 

そして、個人的に『ロウきゅーぶ! 1 (電撃コミックス)』を超えたロリ系ラノベでもあります。

 

小学生が将棋を指すというあまりにも盲点だった設定と話を書く上手さが世のロリコンのハートを鷲掴み。ロリコンならとりあえずおすすめのラノベ!!!

 

アニメ化もされているので、一度アニメを見て自分に合うか会わないかを見極めて購入するのもありだと思います。

 

「まったく、小学生は最高だぜ。」

 

竜王(将棋界最高位)の家にやってきたのはJS(女子小学生)の押しかけ弟子だった!? 

 

8.『ノーゲーム・ノーライフ』

 

 

白ちゃんがただひたすら可愛い最強のラノベ!!

 

「え?私がロリコンだって??その話はまた今度にしよう」

 

あらゆるゲームで1位を取り続ける最強ニートタッグ『 』(空白)

 

どれだけ強いかというとチート、ツールアシストなどを使用しても

 

絶対に勝てないと言われている最強のゲーマーなんです。

 

そんな二人が“すべてがゲームで決まる”世界に飛ばされて、奇想天外な方法で攻略していくというお話。

 

異世界で繰り広げられる数々の魅力的なゲームにおける駆け引きがたまらなく好きです

 

そして、伏線回収に次ぐ逆転劇なんかも最高!

 

心理戦が好きという方には間違いなくおすすめのラノベです。

 

アニメ化もされていますが、アニメで放送していないシーンなどもあります

 

『ノゲラ』のアニメが好きという方は一度原作のラノベを読んでみて下さい。必ずハマるから!!

 

ニートでヒキコモリ、だがネット上では都市伝説とまで囁かれる天才ゲーマー兄妹・空と白。

世界を「クソゲー」と呼ぶそんな二人は、ある日“神”を名乗る少年に異世界へと召喚される。

そこは神により戦争が禁じられ、“全てがゲームで決まる”世界だった―そう、国境線さえも。

 

9.『この素晴らしい世界に祝福を!』

 

 

異世界転生ものでとことんギャグに特化しているラノベ。

 

能天気な女神、爆裂魔法を以外使えない魔法使い、ディフェンスonlyで攻撃を当てられないクルセイダ―

 

と、RPGだったら絶対にパーティーを組んではいけないメンバーに恵まれた主人公

 

それをコミカルに展開していくストーリーです。

 

結論から言うとめぐみんめちゃ可愛い!!である。

 

一人一人のキャラがとても濃く読んでいて飽きないラノベとなっています。

 

そして、アニメ版とは違いラノベ版ではメインキャラ4人のはっちゃけ具合を押さえ

 

その分をキャラの背景が詳しく書かれているためアニメ版とは違った面白さがあります。

 

アニメ版より深くキャラのことが知れるのでアニメを視聴して好きになった人におすすめです。

 

ゲームを愛する引き籠もり少年・佐藤和真の人生は、あっけなく幕を閉じた…はずだったが、目を覚ますと目の前に女神と名乗る美少女が。

「異世界に行かない?一つだけ好きな物を持っていっていいわよ」「じゃあ、あんたで」ここから異世界に転生したカズマの大冒険が始まる…と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる!

平穏に暮らしたいカズマだが、女神が次々に問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?

 

10.『とんでもスキルで異世界放浪メシ』

 

 

異世界へ召喚されて、その世界を救う勇者になるというラノベは掃いて捨てるほどあります。

 

まあ、本書も異世界転生ものと言えばそうなのですが、他のラノベと違っている点は、料理物という点です。

 

もはや、食テロでしょ!!絶対夜に読んだら太るラノベですのでご注意してくださいね。

 

異世界転生あるあるの一つが“謎にモテる鈍感な主人公”ですが今のところその路線はないので安心して読めますよ。

 

最近の異世界ものに飽き飽きしている方にとてもおすすめのラノベですのでぜひ一読してみてください。

 

現代日本から剣と魔法の異世界へと召喚された向田剛志。

どんな大冒険が待っているのかと思えば、実はムコーダは「勇者召喚」に巻き込まれただけの一般人だった!

そんなムコーダの初期ステータスは正規の勇者(3人もいる!)に比べてかなりしょぼい…。

 

11.『魔法科高校の劣等生』

 

 

作者が“突然の潜在能力覚醒”や“運良くて気が見逃してくれた”

 

という都合のいい展開はタブーとしているため最初の設定からブレない一貫性のあるラノベです。

 

ってか、ここまで有名なラノベになったのでもはや説明不要でしょう

 

劣等生ものが好きな方はおすすめ、、、ってよりは必読です!!

 

お兄様超かっこいいよね!!

 

以上っ!!!

 

二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

 

12.『落第騎士の英雄譚』

 

 

熱い、熱すぎる!!男なら誰しも一度はあこがれる王道展開で興奮待ったなしのラノベ

 

主人公への仕打ちがイラッと来ましたが、最後にスカッとさせられた時にどハマリしました。(∩´∀`)∩

 

ストレス→スカッと→ストレス→スカッと…みたいな展開ですが、ハマれる人はまじでハマるラノベなのです。

 

そんな、少年漫画のテンプレみたいな展開が好きな方はおすすめ!!

 

アニメも激熱展開で最後のあの戦闘シーン見ました!?かっこよすぎでしょ!!!

 

魂を魔剣に変える能力者≪魔導騎士≫を育成する破軍学園。

≪魔導騎士≫となるべく学園に通う少年・黒鉄一輝は、しかし魔法の才能がなく≪落第騎士≫と呼ばれていた。

そんな中、最強と名高い美少女騎士・ステラとの出会いが、一輝の「最弱」な学園生活を一変させる!

 

13.『灰と幻想のグリムガル』

 

 

よくある剣と魔法の世界ではなく、ゲーム部分とリアル部分の絶妙なバランスで成り立っている珍しいラノベ。

 

いきなり、チート級のステータス??んな都合のいい話があるか!!と言わんばかりの設定。

 

“衣食住”といった問題を初め、ゴブリンと命がけの戦いを繰り広げるというあまりお目に見ない展開もあります。

 

最近のラノベに飽きてきたという方は、気分転換を兼ねて読んでみることをおすすめします。

 

おれたち、なんでこんなことやってるんだ…?

ハルヒロは気がつくと暗闇の中にいた。

何故こんなところにいるのか、ここがどこなのか、わからないまま。

 

14.『六花の勇者』

 

 

6人しか選ばれないはずの勇者がなぜだか7人集まってしまい、その中にいる偽物を探すというミステリーバトル系ラノベ。

 

みんな、勇者に選ばれているだけありめっちゃ強いので犯人探しも一苦労…。

 

先程紹介した『ノゲラ』とは違うタイプの駆け引きが繰り広げられます。

 

しかもしかも、絶対脱失不可能の結界に閉じ込められているという、この設定ならではのクローズドサークルも登場。

 

ミステリー、特に本格が好きな方にはぜひおすすめしたいラノベとなっています。

 

こんなの読むに決まってるやん(*ノωノ)

 

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。

地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。

だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。

 

15.『中二病でも恋がしたい!』

 

 

あま~い青春ラブコメが読みたいならとりあえずこれをおすすめしたい。

 

とにかく、六花が可愛いという印象が強い作品ですが、文章力もなかなか高かったです。

 

それに、着眼点とアイディア。「よくこんな設定を思いつくよな」と感じました。

 

しかも、ただギャグではなく、恋愛特有のチクチクする思いや、辛さ、切なさ、を丁寧に書き上げているラノベです。

 

たったの4巻で完結してしまい非常に残念でした。もっと続きを読みたかったな…。

 

アニメと全く違う展開になっているのでファンの方におすすめの作品です。

 

それに、アニメ映画!!あれはめっちゃおすすめ!!

 

第1回京都アニメーション大賞〈奨励賞〉受賞作【中二病でも恋がしたい!】のラノベです。

中二病を軸として、コミカルかつ切なく描く青春学園ラブコメディ!

 

16.『ココロコネクト』

 

 

人格交換や幼児化などがあるきっかけで起こるラノベ。

 

普通のラノベとは一味違うところは圧倒的えぐい話。

 

笑えるラブコメ要素もありつつ、シリアス展開がベースなので程よく重い読みごたえがあるのでおすすめのラノベ。

 

アニメ版では放送されていなかったあんな話やこんな話も収録されているのでぜひ原作のラノベを読んでください!!

 

文研部に所属する五人、八重樫太一・永瀬伊織・稲葉姫子・桐山唯・青木義文は、奇妙な現象に直面していた。

前触れなく起こった青木と唯の“人格入れ替わり”。

それは次々と部員全員に襲いかかり、彼らを異常な日常に放り込む。

 

17.『86-エイティシックス-』

 

 

第23回電撃大賞“大賞”に輝いた文句なしにおすすめできるラノベです。

 

端的に言ってマジで面白い。伊達に電撃大賞受賞作じゃないですねこれは。

 

近未来を舞台としたSF戦記で隣国の帝国が開発したAIを搭載している自立型の戦車に戦略されてしまいます。

 

そこで、少年兵で構成された戦車部隊とその管制官を任された少女が信頼を築きながら戦うというストーリーです。

 

王道設定のラノベと思いきや、少々へヴィな話も多々あり。

 

ラノベというよりは、SF小説的な作風です。SFチックな話が好きな方はおすすめ。

 

サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。

しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう―表向きは。

 

18.『友人キャラは大変ですか?』

 

 

いわゆる、ハーレム主人公や異能力主人公の親友キャラを自覚的に演じるのが本作の主人公です。

 

そんな主人公の前に、本物の俺TUEEE系主人公が現れます。

 

そんなザ・主人公の日常パートなどを全力で盛り上げるっていうストーリー。

 

間違いなくラノベ界に名を残す作品です。

コメディラノベが好きならかなりおすすめ!!

 

龍牙の周りには常に誰かしら美少女がいる。

そんなときは俺の見せ場だ。

「おいリューガ!どうしてお前が雪宮さん(美少女)と知り合いなんだよ!」無駄に騒がしく龍牙の日常を彩る―

それが“友人のプロ”たる俺、小林一郎の生き様だからな!

 

19.『ぼくたちのリメイク』

 

 

ゲームディレクターの主人公は会社が倒産し実家に帰ることに。その帰りでつい寝てしまうと10年前に時間が巻き戻っていた。

 

しかも、落ちたはずの芸大に合格していて、シェアハウスで男女四人の共同生活と突如バラ色の人生になっていた。

 

ってあらすじです。

 

「都合よすぎだろっ!!!」ってなるストーリーですがシンプルに面白い!

 

そもそも、特に才能はないので創作無双することなどなく単純に主人公の成長を楽しめます。

 

ご都合主義のSF要素強めなラノベですがたまにこの手の作品を読むとむちゃくちゃハマるんですよね!!おすすめ度高いのでぜひ(#^^#)

 

僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。

会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。

輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた!?

 

20.『14歳とイラストレーター』

 

 

ラノベイラストレーターのガチな日常を描いたラノベ。

 

14歳女子中学生とのやりとりやイベントでの出会い、そこでのトラブルが中心で仕事のことはほとんど書かれていません。

 

しかし、いわゆる“業界の裏話”やクリエイターの思いには興味深いものがありました。

 

そういった描写はボリュームが少なめにし、深く考えず気軽に読めるように考慮しているので

 

売れっ子イラストレーターの日常を楽しめるラノベです。

 

イラストレーターやラノベ業界に興味がある方におすすめの作品!!

 

「ラノベの挿絵は1冊30万円。税金も家賃もPC代もここから支払うんだ」フェチズムの最前線を走るプロ・イラストレーター京橋悠斗はラノベ挿絵―

とくにおヘソに心血を注いでいる。類は友を呼ぶのか、周りも曲者ぞろいで…

 

21.『ラノベのプロ!』

 

 

年収2500万のプロ意識が高いラノベ作家が主人公の業界ものラノベ。

 

“いかに結果を出すか”という点にフォーカスしているため読んでいて不快感は一切ありません。むしろ勉強になるくらいです。

 

一巻ということで掘り下げはやや弱め。この一巻で「お?面白いじゃん」と思った方は速攻で二巻を買いましょう。

 

二巻からが本番のラノベなのですから!!

 

他の業界もの作品と比較して、本書は踏み込みに最もキレがあります。

 

業界ものが好きな方に非常におすすめのラノベです。

 

他にも『バクマン。』のラノベ版といった雰囲気があるので『バクマン。』ファンにもおすすめです。

 

意識高い系ラノベ作家・神陽太の年収は2500万円。

アニメがコケてもこれぐらい稼ぐことはできるが、この業界では全然たいしたことはない。

 

22.『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

 

 

駆け出し冒険者・ベルが天才美少女剣士との出会いをきっかけに彼を急成長させるという超王道設定。

 

正統派、剣と魔法のボーイミツガール系統のストーリーです。

 

惚れた女を振り向かせるために努力し、本来の力の何倍、何十倍の力を発揮する漢の姿…。何度見ても熱すぎです!!

 

って有名過ぎて説明不要か(;^ω^)

 

確かにアニメも面白かったのですがはしょりすぎて少しあっさりした印象を抱いてしまいました。

 

なので、本作をしっかり楽しみたい人にはラノベを読むことをおすすめします。

 

迷宮都市オラリオ―『ダンジョン』と通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。

未知という名の興奮、輝かしい栄誉、そして可愛い女の子とのロマンス。

人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、少年は一人の小さな「神様」に出会った。

 

23.『キミとは致命的なズレがある』

 

 

あー、このラノベはどんなジャンルと言えばいいのだろう

 

個人的にですが、サイコサスペンスというのが妥当かなと思います。

 

ミステリではお馴染みの叙述トリックも完璧!!

 

真相をあるテーマに隠しつつも、しっかりと伏線を張っており最後には「なるほどね」と納得できるラノベです。

 

あくまでもラノベなので小説よりとっつきやすい設定になっているのでミステリー初心者にもおすすめですよ!!

 

海里克也は保健室で目を覚ました。

なぜここにいるのか?保健医の鏡司によると、階段で転んで気を失っていたらしい。…覚えていない。

十歳のとき、大きな事故で両親と記憶を失ってしまった克也には、ここ数年の記憶しかない。

また記憶が消えてしまったのだろうか。

 

24.『僕が七不思議になったわけ』

 

 

極度の心配性の夕也が夜の校園で精霊と出会い、いきなり「おめでとう、お主は学校の七不思議に選ばれた。」といわれ七不思議入りした少年の日々を綴ったミステリファンタジー。

 

このラノベは電撃小説大賞・金賞を受賞した作品なのですがここで一つ文句を言いたいと思います。

 

「なぜ、本書が大賞ではなく金賞なのだっ!!」

 

話の構成、読みやすさ、などなど大抵の電撃大賞を受賞したほかの作品より高く感じました。(個人的意見です。)

 

一巻完結のラノベなので気軽に読めるおすすめのラノベです!!気になったら是非読んでください!!!

 

石橋を叩いても渡らない心配性の高校生・中崎夕也はある夜、七不思議を司る精霊・テンコと出会う。

深夜の校庭に桜が舞い散る中、宙に浮かぶ袴姿の彼女は、高らかに不吉な言葉を彼に投げかけるのだった。

「おめでとう、お主はこの学校の新しい七不思議に選ばれた」

 

25.『弱キャラ友崎くん』

 

 

日本屈指のゲーマー友崎はゲームのオフ会をきっかけにパーフェクトヒロインに“人生の攻略方法”を教えてもうことになり人生の問題を解決していくお話。

 

とにかく、キャラが立っていてヒロインたちが無駄にかわいいラノベ!!

 

キャラが本当に生きているみたいに描かれていて作者が楽しんで書いていることがひしひしと伝わってきます。

 

んで、キャラが語るロジックが愉しく、読む手が止まりません(^^♪

 

よく身近な題材でここまで書けるよなと感心してしまいました。てか、キャラのことしか書いて無くね??

 

まあ、その位キャラ作りが素晴らしいラノベです。

 

人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。

日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。

だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、人生は神ゲーと言いきった。

 

26.『転生したらスライムだった件』

 

 

ごく普通の人生を送っていたが通り魔に刺されて人生を終えることに…。

 

とはなるはずもなく、目を覚ますと異世界で“スライム”として転生していた!!最弱と名高いスライムに不満を感じるも実は…??

 

ある2つのチートスキルを持った転生スライムがただひたすら気持ちよく“俺TUEEE”をしてくれます!!(強すぎて最強スライムですわ)

 

元は、Webで掲載していたラノベですが、Web版とは全く内容が異なるためどっちも読むことをおすすめします。

 

何という事もない人生を送っていた三上悟は、通り魔に刺され37年の人生に幕を閉じた…はずだった。

ふと気がつくと、目も見えなければ、耳も聞こえない…。

そんな状況の中、自分があの“スライム”に転生してしまった事に気づく。

 

27.『老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます』

 

 

山野は、崖から転落したことがきっかけで異世界へ転移してしまう。しかし、狼との死闘で現代の世界と行き来ができるように!!

 

文明が進んでいなかった異世界へ地球の物を持ち込みお金儲けにまい進していくラノベ。

 

小説とラノベの垣根が薄れてきたなかで本書の文体は“昔のラノベ”を思い出させてくれました。

 

一昔前のラノベとは今よりも「子供向け」を想定して、より分かりやすく、誰でも気軽に読めるラノベのことですね。

 

その“読みやすさ重視”の文体が採用されているので普段ラノベや小説を読まない人もおすすめですよ!!

 

もちろん、ストーリーも面白いので一読してみてください。

 

ある日崖から転落し中世ヨーロッパ程度の文明レベルである異世界へと転移してしまう。

しかし、狼との死闘を経て地球との行き来ができることを知った光波は、2つの世界を行き来して生きることを決意する。

 

28.『とある魔術の禁書目録』

 

 

もはや説明不要の超鉄板王道ラノベです。

 

1巻が発売して10年以上経っても変わらない面白さ。作者は怪物なのかもしれない…。

 

今からラノベを読もうとしている方は一点だけ注意があります。アニメ版は最初から普通に面白かったのですが

 

ラノベ版は“長い目で見れば”傑作という点です。

 

なんせ、本書がデビュー作なので、文章、表現、内容は他の作者さんと比べると目も当てられない…。

 

しかし、10巻くらいから皆さんが知っている面白さ、原作ならではの楽しさがあるので頑張って読んでください!!

 

新約に突入してからはまじで面白いから読みすぎ注意ですよ!!

 

ここは“超能力”が“一般科学”として認知された、アンチ・オカルトの学園都市。

上条は『インデックス』と名乗る謎の少女の言動をいぶかしむが、二人の前に本当に“魔術師”が現れて―!

 

29.『電波女と青春男』

 

 

本書も少し古いラノベです。アニメ化もしているので結構している人もいるのでしょうが。

 

作者が入間人間ということで暗いラノベを想像するかもしれませんが、めっちゃ普通の青春ラノベです。

 

キャラクターも青春ポイントなるものを設定している主人公、長身なのに超虚弱体質な少女などなど個性豊かな人物が多いです!!

 

宇宙人が見守ると噂されるこの町で、俺の青春ポイント獲得ミッション(具体的には女子と甘酸っぱい高校ライフ大作戦)はスタートした。「地球は狙われている」らしい。

 

30.『クビキリサイクル』

 

 

絶海の孤島に隠れ住む令嬢があらゆる分野の天才5人を招待するのですが、首なしの死体が、しかも密室で発見され物語が動き出します。

 

『戯言シリーズ』をラノベとして言っていいものか悩みました

 

ですが、“このラノベがすごい!”で2回も受賞しちゃっているのでいいよね!!

 

本格ミステリと言えば確かにそうだし、ラノベと言われればYesってなる作品を作れる西尾維新さんはすごいとしか言いようがないですね。

 

読めばわかる事ですが、西尾維新さんはマジで天才。

 

『物語シリーズ』も確かに面白かったのですが、ミステリ要素が強い作品を読みたいなら断然こちらをおすすめします。

 

絶海の孤島に隠れ棲む財閥令嬢が“科学・絵画・料理・占術・工学”、五人の「天才」女性を招待した瞬間、“孤島×密室×首なし死体”の連鎖がスタートする!

 

31.『涼宮ハルヒの憂鬱』

 

 

今、空前のラノベが起こっているのはこのラノベがあったからでしょう!!

 

私は世代なので分かるのですが、今の世代の人はわからない人いるのかな??(知ってたらすいません。)

 

まあ、アニメ好きには偉大な作品なのですが、原作って実はラノベなんですよ!!

 

あまりにも、アニメが売れすぎてラノベの方が原作って認知度が…。

 

ですが、ラノベもかなりの傑作!!

 

・文字だけで内容把握できるか不安…。

・難しい語句やややこしい言い回しが多いんじゃないの??

・そもそも、読書って楽しいのかな??

 

ラノベに限らず、小説を読もうと思っているがなかなか踏み出せない人にこそおすすめ!!

 

上記の不安すべて解決してくれるラノベなのですから!!

 

これほどの傑作はなかなかお目にかかれないですよ。読みたくなった時が読み時です!!

 

迷っている方は思い切って踏み出してましょう!!!

 

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」

入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。

そんなSF小説じゃあるまいし……と誰でも思うよな。

俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。

 

32.『僕は友達が少ない』

 

 

無駄な行動で友達を作れない三日月夜空は遂に友達を作るための部活“隣人部”を設立、そんな隣人部の日常を描いた残念系青春ラブコメ!!

 

終わり方はともかく、基本的には良いラノベだったな~(遠い目)

 

なにより、小鳩ちゃんが最強にかわいい!!(むしろそれだけで完走したラノベ)

 

ただ忠告したいのは、最低3巻は読んでそれでもつまらないのなら見限ってください。

 

最初の1巻で分かることは「キャラがとても残念だな~。」くらいなものです。なので最低3巻は読んでください!!

 

実はこの作者は、現在『妹さえいればいい』というラノベを書いています!!

 

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。

「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」

 

33.『ベン・トー』

 

 

半額弁当を奪い合いバトルするだけだが、無駄にシュールなギャグや半額弁当を巡るバトルを楽しませてくれたラノベ。

 

まず、こんな設定を思いついた時点でぶっ飛んでるのですが

 

熱いバトルに、シュールなギャグ、たまにシリアスと内容はしっかりしたラノベでした。

 

まさか、半額弁当を奪い合うだけの話がここまで面白くなるとは…!!

 

テンプレのバトル系に飽き飽きしている人はこのラノベはとてもおすすめですよ!!

 

ビンボー高校生・佐藤洋はある日ふらりと入ったスーパーで、半額になった弁当を見つける。

それに手を伸ばした瞬間、彼は嵐のような「何か」に巻き込まれ、気づいた時には床に倒れていた。

そこは半額弁当をめぐり熾烈なバトルロワイヤルが繰り広げられる戦場だったのだ!

 

34.『文句の付けようがないラブコメ』

 

 

桐島ユウキは、神鳴沢セカイ(神様)の生贄になるが、変わりにセカイと結婚することに、穏やかな日々も長くは続かず、世界が抱える恐るべき秘密によって日常は狂い始める。

 

確かに、“文句の付けようがない”ほどの傑作でした。

 

1巻は世界観の説明が長々と(ほとんど一冊丸々)ありますがそれさえ耐えれば楽しいお話が待っていますのでそこは辛抱ですよ!!

 

物語は、誰にでも思い付くようなテンプレ設定ですが、シンプルがゆえにテンポが悪いと飽きてしまう。

 

ですが、読み手を飽きさせないテンポの良さで実にスピーディーにサクサク読めました。

 

それに加えて、セカイの美しさ、健気さ、儚さの表現が美しすぎて読者の読書欲をさらにそそられます。

 

余談ですが、本作の作者さんは『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』の作者さんと同じでした!!

 

作品の雰囲気変わりすぎて気づきませんでしたよ(;^ω^)

 

“千年を生きる神”神鳴沢セカイは、銀髪赤眼の美少女。

世間知らずで尊大で、見た目は幼いのに酒と葉巻をたしなみ、一日中お屋敷で本を読んで過ごしている。

彼女の“生贄”として捧げられた高校生・桐島ユウキ。『生贄になる代わりに何でも言うことを聞いてやろう』と言われた彼はこう願い出た―

「神鳴沢セカイさん。俺と結婚してください」。

 

35.『賭博師は祈らない』

 

 

賭博場で手に余る大金を得た賭博師、仕方な交わされた商品は奴隷の女の子。

 

声を失い、感情を失い、ただ主人の性的欲求を満たすだけに調教された少女。

 

そんな少女を教育しながらメイドとして雇うことにしたが二人を引き裂く悲劇が起きてしまうというお話。

 

独特の雰囲気が漂うラノベで、異色の作品が好きな方におすすめです。

 

最初はギャンブル要素が強めのお話だと思って購入したのですが、ぶっちゃけ、ギャンブル要素はそんなにありません。

 

登場キャラも少なく、イベントも分かりやすく整理されている新設設計!!

 

しかし、“一世一代のギャンブル”とやらを読み終わった後に「あれ?ギャンブルってなんだっけ??」となりましたが

 

まあ、本書に限っては、細かいことは気にするだけ損です!!

 

仕方なく購入させられた商品。―

それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。

そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。

 

36.『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』

 

 

ネトゲ廃人が異世界に転生し、無双するというテンプレラノベですが、読み手が不快になるような要素は少なく

 

オリジナリティもあり、世界観もしっかり構築されているラノベです。

 

しかも、可愛いヒロインも何気に俺TUEEEE要素があり主人公だけが強すぎるということはありません。

 

タイトルに奴隷魔術と含まれており、不快に思う方もいるかもしれませんが

 

主人公は、誤って奴隷にしてしまったヒロインを直そうとするいい人なんです!!

 

MMORPGクロスレヴェリにおいて坂本拓真は、他プレイヤーから『魔王』と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇っていた。

ある日、彼はゲーム内の姿で異世界へと召喚されてしまう。

そこには「私こそが召喚主」と言い張る少女が2人いた。

 

37.『最強同士がお見合いした結果』

 

 

長年敵対していた2つの国が和平のためにその国の最強の人同士を戦略結婚させようとするラノベです。

 

出てくるキャラクター全員がとにかく好きすぎて仕方がない!!

 

「あーもう。このキャラ愛おしいな~」なんて思いながらページをめくる手が止まってくれなかったラノベなんです。

 

前半はコミカルに、後半は前半の伏線を無理なく回収しながらシリアスにシフトチェンジしていく展開も好みでした。

 

まだ、巻数が少なく何か面白い作品はないかな、と考えている人におすすめです!!

 

エスキア国最強の剣士“獄炎帝”ことアグニスは、仇敵イグマール国最強の魔術師“氷結姫”レファとお見合いをすることになった。

だが二国が講和するキッカケのはずのお見合いは、実際は相手の最高戦力を籠絡して取り込むための化かしあいだった!?

 

38.『29とJK4』

 

 

一言でいうなら池井戸潤さんの『半沢直樹シリーズ』と表すのが一番しっくりくるラノベ。

 

ビジネス本は重たいという人がいるかもしれませんが、あくまでもラノベですのでその辺はご安心を。

 

注目してほしいのはやはり4巻のラスト。

 

あの展開で終わられては続きが気になって仕方がないではありませんか!!

 

JKの彼女・花恋から「親友を紹介させて欲しい」と頼まれる。

その親友とは、ライバル企業の社長令嬢・夏川真織。

しかしこのJK、二人の交際には反対のようで!?

 

39.『LV.999の村人』

 

 

「ファンタジー世界で最強の職業ってなんだと思いますか勇者、魔王??」いやいや村人でしょ!! って感じのラノベです。

 

しかし、レベルを上げるには強い敵を倒していく必要があるのにどうやってLv.999に達したのか??

 

という謎を残しつつも、全体的にギャグを多めに展開されているので笑い転げながら読めました。

 

異世界転生モノが好きならおすすめしたいラノベです。

 

ファンタジー世界・アースクリア。この世界に生まれた者には、生き方を決定付ける役割が与えられる。

勇者、賢者、戦士、僧侶、魔法使い―そして、最弱の役割“村人”。

戦う力を持たない村人は、この世界では守られるだけの存在でしかなかった。―“LV999”へと到達するまでは。

 

40.『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』

 

 

不老不死の魔女が300年スライムを倒しながら、スローライフを送っているとレベルMAXになっていた、というラノベです。

 

多分人を選ぶラノベだと思います。

 

おすすめできる人は、布団であくびでもしながらゆったりラノベを読みたいという方ですかね。

 

全体的にゆったりとした展開が多いのでサクサク進んでいくようなバトルものが好きな人は

 

本を投げつけたくなるかもしれません(本当に投げつけたらだめですよ??)

 

胸糞悪い展開は一切ないので息抜きとして楽しく読ませていただきました。

 

現世で過労死した反省から、不老不死の魔女になって、スローライフを300年続けてたら、いつの間にかレベル99=世界最強になってました。

生活費を稼ぐためにこつこつ倒してたスライムの経験値が蓄積しすぎたせいみたいです…。

 

おわりに

 

私がおすすめするラノベはいかがでしたか??

 

アニメ化している作品も多くありましたが、“本気で面白いラノベ”だけを厳選したつもりです。

 

最終的には50選くらいにはしたいのでこれかちょくちょく増やしていく予定です。どうぞよろしくお願いしますm(__)m

 

色々おすすめしましたが、この記事が皆様の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)