恋愛漫画を読むならこれを読め!おすすめ恋愛漫画5選

スポンサーリンク

 

どうもこんにちは

自称恋愛漫画好きのアニオタ

山田絵日記です

 

今回は、アニオタが選ぶ

アニメ化(アニメ化寸前)された恋愛漫画5選を

やってみようと思います。

 

前々からおすすめ○選ってやってみたかったんですよね

本を扱うブロガー憧れの企画ですから

 

先に言い訳しておきますと

ここ数年少女漫画より

小説の方をメインとして読んでいたので

読者さんは「古っ!!」てなると思いますが

私が本当に読者さんにおすすめしたいという気持ちは

本当ですので

その辺は寛大な心で見過ごしてください

 

 

おすすめ恋愛漫画

 

僕らはみんな河合荘 宮原るり

 

 

親の転勤で下宿に一人暮らしをすることになった

男子高校生の宇佐和成(うさ かずなり)

 

そこでは同じ高校に通う1つ年上の

憧れの先輩、河合律(かわい りつ)が暮らす

下宿だった。

 

恋愛感情を抱きつつも、無愛想で活字中毒

おまけに、友人はほぼ0人

“プロのボッチ”と称される彼女のハートを

掴むことはできるのか

 

最初の作品はこれです!

 

プロのボッチなんて相当変わったヒロインですが

下宿先の人もこれまた変人が多く

人畜無害なマゾヒスト、男運のない美女

腹黒女子大生など個性豊かな登場人物たち

 

そして、思わず「クスっ」と笑ってしまうような

下ネタなど

今作品の魅力をあげるときりがありません

 

まだ連載途中ですが今後の発展が楽しみです

 

「アニメ2期はよこーいっ!!」

 

 

好きっていいなよ。 葉月かなえ

 

 

小学校時代のある1件以来

心を閉ざし滅多に他人と話をしない

女子高校生、橘 めい(たちばな めい)

 

同じ高校に通い

学校でも1,2を争うほどのイケメン

黒沢 大和(くろさわ やまと)に気に入られ

アプローチを受ける

 

ある日めいのバイト先の客がストーカー

として現れるようになる

それを大和が助けたことをきっかけに

二人は付き合い始めた

 

二人に次々に迫る壁を無事に

乗り越えることができるのでしょうか

 

やっぱり、恋愛漫画を進めるうえで

この作品は外せないでしょう

 

めいのどこか初々しい姿に

画面の前のあなたも思わずキュンキュンしてしまうこと間違いなし!

 

何よりめいの成長ぶりが半端じゃない

 

女の子は恋をしたら変わるといいますが

1巻と最終巻を見比べると

別人じゃないかってくらい変わってますよ

 

そんな変化を楽しむことができるもの

“好きなよ。”(作品の略称)の魅力ですね

 

 

らぶ☆こん 中原アヤ

 

 

舞台は大阪の高校

低身長に悩む男子高校生

大谷 敦士(おおたに あつし)と

高身長に悩み女子高校生

小泉リサ(こいずみ りさ)

 

学園からはその愉快さから

オール阪神・巨人として有名だった

 

最初は犬猿の仲の二人は

次第に恋に落ちていく

 

凸凹恋愛の原点にして

完成作品!!!(私の中では)

 

大坂弁を話す少し変わった少女漫画だが

二人が繰り出す漫才のような掛け合いが癖になる

連載終了から数年たった今でも

たまに読み返しているこの作品は

 

乙女心を繊細に描いている印象。

 

一見してただのラブコメだが

恋愛描写の完成度が個人的に高いと思っています。

 

少し古い作品ですが

是非読んでほしい恋愛漫画です。

 

 

となりの怪物くん ろびこ

 

 

主人公の水谷 雫(みずたに しずく)は

自分の成績と将来にしか興味がない

 

ある日、担任からの依頼でプリントを届けたことをきっかけに

入学式で流血事件を起こして以来学校に登校していない

となりの席の吉田 春(よしだ はる)と知り合うことになる

 

本当の意味での友達がいない春を

ほっとけなかった雫は

迷惑しながらも春の世話を焼くようになる

次第に芽生える恋愛感情に

不器用な二人は無事に気付くことができるのか

 

前回も記事にしましたが

私一番のおすすめ作品

 

キャラの個性が非常に良く

絵とマッチしているなにより、話が面白い。

 

その面白さは

いまだも私の心を鷲掴みにしているくらいです

(わかりづらいけど)

 

少女漫画に抵抗がある男性やまだ、読んでいない人にぜひとも進めたいです!

 

yamadaenikki.hatenablog.jp

 

 

カグヤ様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 赤坂アカ

 

 

将来期待されているエリートたちが集う

名門校『秀知院学園』

生徒会長 白銀 御行(しろがね みゆき)

副会長 四宮 かぐや(しのいや かぐら)

 

お互い恋愛感情を抱いているにもかかわらず

プライドが邪魔をして告白できないまま半年が経過してしまう

 

彼女たちは自分から告白することは負け

いつからか思い始め

いかに相手に告白させるかを考えるようになる

 

個人的に今一番

アニメ化に近い恋愛漫画だと評価しています。

 

原作のストックを十分にためて

万全の状態でアニメ化してほしいですね。

 

 

最後に

 

憧れと気分で書いたこの

恋愛漫画おすすめ5選ですが

非常に楽しくかけました。

 

今度小説でもやってみようかな?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

またこのブログにてお会いできること

楽しみにしています。