おすすめ漫画

【厳選!!!】絶対に面白いミステリー漫画7選

 

f:id:yamadaenikki:20180203114935j:plain

 

皆さんはミステリー好きですか??

最後に「そういう事かっ!!」ってなる感じがたまらなく好きで書店でもミステリー物ばかりを購入してしまいます

 

ミステリーのコンテンツは想像通り小説が多く小説が原作で映画化などすることもしばしば…

 

そして、私は大のミステリー好きで主に小説を読みますが

年間の読書の実に8割以上がミステリー物です

 

小説は、「読んでいると眠くなる」や「文字ばかりでつまらない」という人もいるでしょう

 

では、漫画ではどうでしょうか??

小説に比べて絵が描かれているので多くの文字を目にしてもあまり眠くなるなんてことはないんじゃないでしょうか

 

そこで、今回はミステリー漫画おすすめ作品を厳選して紹介していきます。

 

厳選基準は勿論独断です!!

 

すべて漫画原作ではなく小説原作で漫画化された作品も多く含んでいますが原作でも漫画でも面白いミステリーを集めてきましたので最後までお楽しみください

 

1.『探偵の探偵』

 

 

ミステリー作家の中でもかなり有名な松岡 圭佑先生のベストセラー作を漫画化したものです

 

なんと、漫画化だけではなくTVドラマ化もして一躍人気作品の仲間入りに!!

 

最近は時代の流れもあり“女性探偵”が活躍する作品も増えてきていますが『探偵の探偵』は間違いなく女性探偵物の代名詞となるでしょう

 

中堅調査会社が併設する探偵養成所に、決して笑わぬ美少女・紗崎玲奈が入校する。探偵のすべてを知りたい、しかし探偵にはなりたくない、という彼女には、自分から言えぬ残酷な過去があった。調査会社社長・須磨は玲奈の希望を汲み、探偵を追う“対探偵課”の探偵として彼女を抜擢した。

 

2.『掟上今日子の備忘録』

 

 

1日経つと記憶がリセットされてしまう女性探偵が主人公という設定が何より好み!!

 

なんせ、1日(寝ると)で記憶がなくなるわけですから事件解決ももちろん1日!

 

主人公だけが特徴的なわけではありません

 

語り手役として登場する厄介(やくすけ)というキャラは免罪体質で事件の殺人犯などによく間違えられるというまさに名前の通り厄介ごとに巻き込まれるキャラです

 

軽めの謎をスピーディーに解決していく感じのライトミステリーになっていますのでミステリー初心者におすすめできる漫画です

 

あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・隠館厄介は、今日も犯人扱いされていた。助けを求め、呼んだのは名探偵・掟上今日子。どんな事件も一日で解決する“最速の探偵”にして、記憶が一日ごとにリセットされてしまう“忘却探偵”である!!

 

 

3.『月館の殺人』

 

 

動物のお医者さん』作者の佐々木 倫子先生と

ミステリー界きっての名作『館シリーズ』作者・綾辻 行人さんがまさかの漫画でコラボ!!

 

本格ミステリーさながらの演出を漫画でも鮮明に再現!!

 

内容は鉄道ミステリーとなっていて

綾辻さんのミステリー要素の伏線の入れ方やそれを飽きさせない皮肉さやギャグセンスがとにかく最高

 

それに、佐々木先生の絵がシリアスな物語や性格な鉄道描写が見事にマッチング!

 

もう、圧倒されっぱなしです

 

自信をもっておすすめできる名作です

 

まだ見ぬ祖父に会うため、生まれて初めて鉄道に乗車する沖縄の女子高生・雁ヵ谷空海。

雪の北海道をいく特別急行<幻夜>で、

彼女を待ち受ける運命とは…。

 

 

4.『虚構推理』

 

 

絶園のテンペスト』城平 京さんが贈る恋愛×伝奇×ミステリーの3つの要素を掛け合わせたミステリー漫画

 

怪異たちの知恵の神となった琴子が一目ぼれした相手は怪異さえも恐れる九郎が怪異事件に立ち向かう!!っていう話です

 

やたらファンタジーに寄っている話ですがミステリー要素も非常に強く、推理描写は本格推理のそれとほぼ変わらない

 

推理小説好きの方におすすめのミステリー漫画です

 

怪異になってしまった一人の少女と、怪異にさえ恐れられる一人の男が出会った時、生まれるものは――!?

“推理”、“妖怪”、“都市伝説”、“恋”……予測不可能な物語が幕を開ける!!

 

 

5.『幽麗塔』

 

 

国内作家で言うと江戸川 乱歩に非常に似た推理だったりトリックを披露しています

 

作者の乃木坂 太郎先生はおそらくかなりの本格ミステリー好きと見た!!!

 

しかも、ミステリーが再度評価され始めたちょうど乱歩時代のミステリー小説の大ファン!

 

じゃなきゃ、この作風にはならないと思いますし

なにより、作品から本格ミステリー好きの匂いがプンプンします

 

漫画好きの方にわかり易く伝えるとしたら

金田一少年の事件簿』の異様に面白い回っていくつかありましたよね??

 

それが、全巻続いてる感じってのが一番しっくりくるイメージかなと思います

 

とにかく、目を離したくなる残虐死体以外幅広い層におすすめの漫画です

 

犯人は、幽霊なのか、人なのか・・・・・・時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美少年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」。しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった・・・・・・・・

 

6.『人形草紙のあやつり左近』

 

 

マガジンでは金田一、サンデーではコナンでは、ジャンプでは??

その頃のジャンプにはミステリー漫画ブームが起こるなか、他の雑誌に比べてミステリー系が圧倒的に弱かったんですよ

 

そこで、『バクマン。』の作画を務めた小畑 健さんが写楽 磨さんとコンビを組んでミステリー漫画に参戦!!

 

腹話術師と人形が事件解決に挑む!!

いかにも少年誌っぽい設定ですが侮ってはいけません

 

トリックの巧妙さは他誌のミステリー漫画に負けないくらい完成度が高いです

 

残念ながらヒット作にはならず4巻で終了

 

しかし、連載終了後にアニメ化などがきっかけで知る人ぞ知る作品にっ!

 

おそらく、金田一やコナンよりこっちの方が好きな人もいるのでは??

 

山奥のとある廃校で謎の猟奇殺人事件発生。

閉ざされた状況の中、見えざる犯人の正体はいったい…。

 

 

7.『監禁探偵』

 

 

ミステリー好きなら一度は聞いたことがある我孫子 武丸さんが原作を務めた一巻完結型のミステリー漫画

 

一巻完結物としてもかなり完成度の高い漫画です

 

一応、2巻も発刊されていますが別物なので1巻完結型という認識でいいと思います

 

少女が男に監禁された状態で謎に挑むという安楽椅子系の探偵漫画で原作担当が我孫子さんなのにグロくないというのも特徴的

 

下着を盗もうと女性の部屋に忍び込んだ主人公・山根亮太は、そこで女性の他殺体を発見してしまう。しかし、彼には警察に行くことができない事情があった…

 

おわりに

 

お気に入りのミステリー漫画は見つかりましたか??

 

漫画と、原作ではそれぞれ違ったストーリー展開をしていることもあり、漫画が面白かったから原作を購入するというのも楽しみの一つだったりします

 

小説原作の物を多く紹介しましたが、原作の面白さを上手く拾い上げて漫画化をしている良作のみに絞って紹介しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です