恋愛ミステリーの傑作!!-知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』

スポンサーリンク

f:id:yamadaenikki:20180307180524j:plain

 

知念実希人先生の『崩れる脳を抱きしめて』をついに読破しました!!

 

書店でこの帯を見かけたとき

「流石の知念先生でもハードル上げ過ぎじゃね??」と愚かな考えのまま

購入しましたが

 

控えめに言って最高でした!!!

誰だよハードル上げ過ぎっとか言ったやつ!!

 

発売から約2週間でなんと3刷

これだけでこの作がどれほど期待できるのかわかりますね

 

知念実希人『崩れる脳を抱きしめて』

 

 

患者の希望は可能な限り認めている病院

葉山の岬病院に研修医として赴任してきた

碓氷 蒼馬(うすい そうま)

 

碓氷の患者の一人

弓狩 環(ゆがり たまき)

名前は「ユガリ」だが

濁音が入るのがかっこ悪いと思っているため

周りには「ユカリ」と呼ばせている。

 

ユカリの病気は最悪の脳腫瘍

グリオブラストーマと診断されていて

手術不可能、余命はもってあと2、3か月だと推測されている。

 

ユカリは外の世界に怯えていて

碓氷は父親に捨てられた過去に雁字搦めになっている。

 

二人はお互いの問題を解決し合った。

恋に落ちるのは必然

迎えた研修最終日

碓氷はユカリに告白するも受け入れてもらえなかった。

 

そして、この研修最終日を最後に

碓氷が「弓狩環」という女性にに会うことは二度となかった。

 

広島に帰った

碓氷にユカリが死んだとの知らせが届く―

 

さすが現役医師

 

f:id:yamadaenikki:20180328004654j:plain

 

知念実希人さんは

小説家であると同時に医師でもある

内科医として勤務している経歴を持っていて

作品も登場人物が医師という場合が多い。

 

そして、今回の『崩れる脳を抱きしめて』でも

医師が主人公ですね

 

読んでいて、医学の知識を学べる

何より医師が書いてるわけだから

自分で調べるよりもかなり深く学べるし

物語の設定として出てくるので記憶にも残りやすい

 

200ページまでは辛かった

 

f:id:yamadaenikki:20180328004852j:plain

 

エリート街道まっしぐらな碓氷

祖父が残した莫大な遺産があり容姿も性格も良いユカリ

どこかで見たことのある恋愛小説

 

正直つまらなかったです。

200ページまでは…

 

「君は一度も弓狩環さんを診察していない。

全て君の妄想なんだよ」

P.203より

 

この院長のこの一言で物語が急激に変わります

 

これを読んでる時の鳥肌やばかったですよ!!

 

ここから約90ページは一気に読めました。

圧巻のラスト20ページと帯には書かれていますが

あれは嘘です。

 

ここから87ページが圧巻ですよ!

 

僕が恋したユカリさんは、五日前に亡くなった

弓狩環さんではなかった。

僕の崩れかけていた脳が作り出した幻の女性だった。

P.212より

 

だから崩れる脳を抱きしめて

なのかと読んでる時に思いましたが

まったく違いました( ̄∀ ̄)

さすがに単純すぎましたよ(///'ω'///)

 

最後に

 

これはミステリー史に名前を残す作品だと

個人的には思ってます

 

前半は、涙一択

後半からは、涙か鳥肌かの二択と

控え見に行って神作品ですね(*^^*)

 

なにより、最後のどんでん返しがたまらんっ!!!

知念先生の作品はこうでなければね!!

 

『崩れる脳を抱きしめて』は

 

ミステリー小説としても文句の付け所がない作品だったのですが

恋愛小説としても、間違いなく面白い出来です。

 

普段は、ミステリーを読まない人も

一度本書を読んでいただきたいです。

 

 

関連記事

 

☛【超厳選】知念実希人おすすめ6選 

 

☛ 知念実希人『螺旋の手術室』-結末に慟哭する医療ミステリーでした 

 

☛ 制服美少女が企てた計画とは?/知念実希人『 屋上のテロリスト』