海外ミステリー小説

エラリー・クイーンの入門におすすめの作品を紹介 | これを読めば間違いなし!!

f:id:yamadaenikki:20180823183319p:plain

エラリー・クイーンさんの入門におすすめの作品を紹介していきます。

エラリー・クイーンさんは1905年~1982年までミステリー界で活躍していたのですが

その人気は現代までも続き、熱烈なファンもいるようです。

というか、私自身、エラリー・クイーンさんの熱烈なファンなんですが(≧▽≦)

1.『ローマ帽子の秘密』

エラリー・クイーンさんと言えば「国名」シリーズ!!

エラリー・クイーンさんを語る上では外せない超メジャーシリーズなのです。

そして、本作が「国名」シリーズの第一作目&エラリー・クイーンさんデビュー作。

昔、エラリー・クイーンという海外のミステリー作家が「国名」シリーズという、最高に面白い作品を書いている。

と教えてもらいさっそく読んでみると、、、

想像通りエラリー・クイーンさんの作品にどハマりしました(;^ω^)

あまりにもクイーンさんのロジックが凄すぎて、しばらく他のミステリー作品を読めなくなったことを思えています。

そして、「国名」シリーズはどのお話も面白く、どれも読む価値が十分にある、いや、読む価値がありすぎる大傑作シリーズ!!

本格ミステリー好きを唸らせた「国名」シリーズ記念すべき第一作。未読の方はさっそく読んでみましょう!!

観客でごったがえすブロードウェイのローマ劇場で非常事態が発生。

劇の進行中に、NYきっての悪徳弁護士と噂される人物が、毒殺されたのだ。

2.『フランス白粉の秘密』

「国名」シリーズの第2作目。

本作も、エラリー・クイーンさんの入門として個人的に読んで欲しい作品。

亡くなった雑貨店の社長夫人の持ち物の中から娘の口紅が見つかり、状況的に娘の犯行に思われるがその娘は失踪していた。

あらゆる証拠を元に真相を見破るも、法的に犯人を有罪に出来る証拠がない。

など興味をそそられるマゾがいっぱい詰まっています!!

そして、最後には「アッ」と驚く出来事がラスト一行に集約されています。

最後の最後まで気を抜かずに慎重、慎重に読み進めてください…

そういわれても結局驚いてしまうのですが(*^^*)

〈フレンチス百貨店〉のショーウィンドのベッドから女の死体が転がり出た。

容疑者はその時デパートにいた全員。そして、誰もが犯行の動機を持ち……。

3.『ギリシャ棺の秘密』

またまた、「国名」シリーズから!!本作はシリーズ4作目。

そして、「国名」シリーズの中で最高傑作と言われているほど評判が高く、その面白さはダントツ!!

個人的に本作の最も気に入っている点は“名探偵”ならぬ“名犯人”が登場したという事。

犯行を隠ぺいするためのワナが巧妙で、思わず「おぉ~」と歓声を上げてしまいました。

さすがの名探偵もこのワナには引っかかってしまい、途中で推理を誤ってしまいます。

名探偵だけでなく名犯人の行動にも注目して読んでみてください。

かなり複雑な作品ですが、あの2転、3転する展開はかなりワクワクしました。

本格ミステリー好きにはぜひ一度は読んで欲しい名作です。

盲目の大富豪・ハルキス氏の死が全てのはじまりだった―。

葬儀は厳かに進行し、遺体は墓地の地下埋葬室に安置された。だが直後、壁金庫から氏の遺言状が消えていることが発覚する。

警察の捜索の甲斐なく、手掛かりさえも見つからない中、大学を卒業してまもないエラリーは、棺を掘り返すよう提案する。しかし、そこから出たのは第二の死体で…。

4.『エジプト十字架の秘密』

はい、また、「国名」シリーズです(;・∀・)

「もうわかったから、国名シリーズは以外で頼むよ…」って思いました?!

ですが、これまでは紹介させてくださいm(__)m

それは、本作は『ギリシャ棺の秘密』と並んで「国名」シリーズの傑作と言われている作品なんです。

「国名」シリーズの魅力は何といっても

① 首なし連続殺人

② 事件を解決する美しすぎるロジック

③ 犯人の意外性

この3点。

この3点すべてが「国名」シリーズの中でもずば抜けていました。

さらに、今回のお話では主人公が広範囲に移動することにより新たな楽しみが生まれ、結果作品自体の面白さが倍増。

本格ミステリーは今もなお、新作が登場していますが、エラリー・クイーンさんの『エジプト十字架の謎』ほど面白い作品はそう何度も出会えません。

エラリー・クイーンさんのファンだけでなく、ミステリーに興味がある人にとてもおすすめのお話です。

ぜひ一度お手に取ってみてください!!

ウェスト・ヴァージニアの片田舎でT字型のエジプト十字架を模して道標に磔にされた首なし死体が発見される。

全てが“T”ずくめの奇怪な連続殺人の真相とは!?

5.『Xの悲劇』

ドルリー・レーンを主人公とした「悲劇四部作」の第一作です。

日本で「エラリー・クイーンのおすすめってなんぞや??」と聞くと基本的には『Xの悲劇』を初めとする「悲劇四部作」の中のどれかが挙がります。

そして、私もエラリー・クイーンさんのおすすめを聞かれれば「悲劇四部作」を挙げずにはいられない!!

それくらい面白い作品なのです。

満員電車の中で株式仲介人が殺害されます。

犯行に使われた凶器はコルクの玉と針で作られた奇妙なもの。その凶器に毒が塗られていました。

第2、第3、と大胆な殺人が続くもいずれも目撃者はいない。

そして、「犯人を知っている」という謎の人物から手紙が届く…。

やはり、エラリー・クイーンは「悲劇四部作」がよく似合う!!

ロジックだけが面白いのではなく、物語でもしっかり楽しませてくれます。

あ、これは私から読者の皆さまへのお願いなのですが、くれぐれも「悲劇四部作」は順番に読んでください。

満員電車の中で発生した殺人事件。被害者のポケットからは、ニコチンの塗られた針が無数に刺さったコルク球が発見された。

群衆ひしめく巨大なニューヨークで続く第2、第3の大胆な殺人にも、目撃者はいない。

6.『Yの悲劇』

「悲劇四部作」の2作目です。

よく、「『Xの悲劇』と『Yの悲劇』、どっちが面白い?!」と聞かれたり、ネットでの会話を見たりしますが

どっちが面白いなんてありません。だってどっちも面白いもん!!

さて、本題の内容ですが、個人的に注目すべき点はたった1つ。

犯人は誰なのか…ではありませんよ。

もちろんそこも重要なのですが、そこは後回しで構いません。

注目して欲しいのは、事件現場には凶器になり得る物が多くあったのにも関わらず犯人は何故“マンドリン”を凶器として採用したのか。という1点です。

マンドリンとは、ギターの2分の1ほどの大きさで、非常に軽い楽器です。

もう一度言いますが、現場には他に凶器に向いている者はあったのです!!

では何故マンドリンを凶器に選んだのでしょう。

大富豪ヨーク・ハッターの死体がニューヨークの港で発見される。

毒物による自殺だと考えられたが、その後、異形のハッター一族に信じられない惨劇がふりかかる。

7.『エラリー・クイーンの冒険』

エラリー・クイーンさんの魅力をギュッと1冊に詰め込んだ贅沢過ぎる作品。

全11編からなる短編集となっていて、どの話でもエラリー・クイーンさんの持ち味がしっかり楽しめます!!

本作を読むまでエラリー・クイーンさんの作品は「長編小説」だからこそ出来る。そう思っていました。

だってそうでしょ!?

あんなにも緻密に構築された世界観を短編小説で再現できるとは思わないじゃないですか!!

しかし、その世界観をエラリー・クイーンさんは短編でも見事に再現していました。

それが、たっぷり11編も収録されているとなれば読む以外の選択肢ないですよね(≧▽≦)

エラリー・クイーンさんのファン、短編集好きにはとてもおすすめの一冊。

もはや、クイーンファンには必読と言ってもいいかもしれません。

大学に犯罪学の講師として招かれたエラリーが、その日起きたばかりの殺人事件について三人の学生と推理を競う「アフリカ旅商人の冒険」を劈頭に、「一ペニー黒切手の冒険」「七匹の黒猫の冒険」「いかれたお茶会の冒険」など、多くの傑作を集めた巨匠クイーンの記念すべき第一短編集。

エラリー・クイーンの世界を楽しめっ!!

① 小説が読みたい

② 小説と言えば海外の本格ミステリー。

③ 海外の本格ミステリーと言えば、エラリー・クイーン!!

この思考は

① 夏だから夏らしい場所に行きたい

② 夏と言えば海でしょ!!

③ 海と言えば、ビーチだぁぁ!!

と同じ思考です。(いや、違うだろうけど)

つまり何が言いたいのかというと、エラリー・クイーンさんの作品を読みたくなるのは本格好きではだれでもあるという事です!!

※個人の意見です。とにかく好きという事を伝えたいだけなのです。

本格ミステリー黄金期を支えたエラリー・クイーンさんですが、海外ミステリーということもあり、まだ手を出せていない人もいるのではないでしょうか??

この機会に、海外ミステリーにチャレンジしてみませんか??

エラリー・クイーンさんの作品は一度読んでしまえば、芸術的なロジックに惚れてどハマリする事間違いなしです!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です