【青崎有吾】裏染天馬シリーズの順番と他おすすめ作品を紹介

スポンサーリンク

f:id:yamadaenikki:20180528194236j:plain

 

今回は、青崎有吾さんの『裏染天馬(うらぞめてんま)シリーズ』を含めたおすすめ作品を紹介していきますよ~。

 

青崎有吾さんは“鮎川哲也賞”を受賞したことをきっかけにデビューしています。

 

 

『裏染天馬シリーズ』では『ローマ帽子の秘密 (角川文庫)』や『Xの悲劇 (角川文庫)』などの作者・エラリ―・クイーンを思わせるロジック(理論)な推理がきっかけで

 

青崎有吾さんは“平成のエラリー・クイーン”とも呼ばれているんですよ!!

 

確かに、読み手を魅了するそのロジックはお見事としか言いようがありません。

 

本格ミステリーが好きな方は読みたくなったんじゃないですか、青崎有吾さんの作品を。

 

ってか、1冊でもいいので読んでみてください。きっと青崎さんの良さがわかりますから!!

 

1.『体育館の殺人』

 

 

先程名前が出ましたね。『裏染天馬シリーズ』第1作にして第22回鮎川哲也賞受賞作品。

 

密室状態の体育館で放送部の部員が刺殺される事件が起こります。その事件に挑むのが校内一の天才と呼ばれる裏染天馬なのです。

 

青春ライトミステリーと思いきや、読者への挑戦状などを含めたゴリゴリの本格ミステリーです!!

 

読者への挑戦状だけでなく、最後は容疑者を全員集めて推理を披露するなどなど、とにかく超ド直球の本格ミステリーなのです。

 

それに、エラリー・クイーンを思わせる素晴らしいロジック。

 

なにより、抜群の読みやすさでゴチャゴチャしていないところがポイント高いです(^^)/

 

新人作家とは思えない素晴らしいお話でした。本作を読まずして青崎有吾は語れないでしょう。

 

風ヶ丘高校の旧体育館で、放課後、放送部の少年が刺殺された。

密室状態の体育館にいた唯一の人物、女子卓球部部長の犯行だと警察は決めてかかる。

卓球部員・柚乃は、部長を救うために、学内一の天才と呼ばれている裏染天馬に真相の解明を頼んだ。

 

2.『水族館の殺人』

 

 

サメの水槽で男性が食い殺されてしまいます。警察の捜査の結果どうやら殺人事件のよう、容疑者は11人。その謎に天馬が挑みます。

 

さすが青崎有吾さん、前作とは比べ物にならないくらいキャラが立っていて惚れ惚れしました。

 

安定のエラリー・クイーンを思わせる作風も健在のようで最高です。しかも、今回はアリバイ崩しと来ました!!

 

推理方法も、本格らしく11人の容疑者を徐々に絞っていく感じです。かなりしびれましたよ(*‘ω‘ *)

 

ど派手なトリックが好きな方にはおすすめできませんが

 

少しずつ推理を組み立てていくお話が好きな人にはかなりおすすめです。

 

夏休み真っ直中の8月4日、風ヶ丘高校新聞部の面々は、取材先の丸美水族館で驚愕のシーンを目撃。

サメが飼育員の男性に食いついている!警察の捜査で浮かんだ容疑者は11人、しかもそれぞれに強固なアリバイが。

 

3.『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』

 

 

『裏染天馬シリーズ』初の短編集で、誰も死なない日常の謎がメインなのでどんな方でも気軽に読める話だと思います。

 

ですが、青崎有吾さんのキレっキレの理論は健在です。

 

スピン・オフに当たるお話でキャラのことがより一層知れて愛着も沸きました!!

 

あと、本作を読まないと次の長編、『図書館の殺人』の人間関係の変化についていけず「あれ??」ってなりますよ。

 

これは読まずにはいられないですね!!

 

細やかな願いなのですが、裏染天馬シリーズで連作短編集を出してほしいですね。

 

相変わらず学校内に住んでいる裏染天馬のもとに持ち込まれる様々な謎。

学食の食品をめぐる不可思議な出来事、吹奏楽部内でのトラブル、お祭りの屋台のお釣りにまつわる謎ほかに、裏染の妹の華麗な謎解きを加えた

全五編+「おまけ」つきの痛快推理連作集。

 

4.『図書館の殺人』

 

 

学生らしくテスト期間中の図書館が舞台となっています。しかも、撲殺された被害者が奇妙な2つのダイイングメッセージを残していたのです。

 

まさにロジックを読ませるシリーズですね!!

 

「裏染天馬シリーズ」も早くも4作目。さすがに青崎有吾さんのスタンスを理解してしまっているので

 

結構序盤で犯人がわかってしまったんですよ。(まぐれかもしれませんが)

 

しかし、犯人がわかったところで青崎さんの話、特に本シリーズはロジックを楽しむものです。

 

犯人は予想通りでしたが、そのロジックには超びっくりでした。

 

男子大学生が閉館後の図書館内で殺害された事件らしいけど、試験中にこんなことをしていていいの?

山田風太郎の『人間臨終図巻』で撲殺された被害者は、なんとなんと、二つの奇妙なダイイングメッセージを残していた…。

  

5.『アンデッドガール・マーダーファルス』

 

 

人間親和派の吸血鬼が杭で残虐されてしまいます。その事件を怪物故の特性から推理していく物語です。

 

先程紹介した、「裏染天馬シリーズ」とは違い、キャラの言動や行動が気になるお話でした。

 

トリックはとても単純なものなので、「裏染天馬シリーズ」から読んだ人からすると

 

「書いたの本当に青崎さん!?」ってなると思いますが、最後まで読んだら普通に面白い作品でしたよ。

 

ラノベチックな雰囲気で手が出しやすいので青崎有吾さん入門書として最適化と思います。

 

人間親和派の吸血鬼が、銀の杭に貫かれ惨殺された…!?

解決のために呼ばれたのは、人が忌避する“怪物事件”専門の探偵・輪堂鴉夜と、奇妙な鳥篭を持つ男・真打津軽。

彼らは残された手がかりや怪物故の特性から、推理を導き出す。

 

6.『ノッキンオン・ロックドドア』

 

 

“不可能専門”と“不可解専門”の二人の探偵が織りなす、密室あり、謎の遺言あり、など様々な謎解きが楽しめる短編集です。

 

“探偵と言っても得意、不得意がある”ということで主人公を2人にしている点がとても好み。

 

そして、誰が事件を解決するのかは最後までわかりません。

 

特に気にならなかったのですが、一応書いておくと

 

キャラにクセが無さ過ぎて2人がゴチャになることが多々ありました。

 

もう少しキャラで遊んでほしかったのですが面白かったので細かいことは無視していきましょう!!

 

密室、容疑者全員アリバイ持ち、衆人環視の毒殺など「不可能(HOW)」を推理する御殿場倒理と

理解できないダイイングメッセージ、現場に残された不自然なもの、被害者の服がないなど「不可解(WHY)」を推理する片無氷雨。

相棒だけどライバル(!?)な探偵ふたりが、数々の奇妙な事件に挑む!

 

番外編.『謎の館へようこそ 白』

 

 

部屋の内部構造もはっきり見えるくらい透明度の高いガラスで作られた館。そこで密室殺人が起きるのですが

 

現場の部屋のドアには鍵は掛かっていませんでしたが、ドア付近は固定カメラで誰も近寄っていないことを確認済み。

 

さあ、どうやって犯人は密室を作ったのか??というお話。

 

こちらは、本格30周年を記念して発売されたアンソロジー小説ですが

 

そのなかに青崎有吾さんの「噤ヶ森の硝子屋敷」というお話も収録されています。

 

小説のテーマが「館」と館ミステリー好きにはおすすめの一冊ですし、青崎さんのロジックも輝いていました。

 

 

テーマは「館」、ただひとつ。今をときめくミステリ作家たちが提示する「新本格の精神」がここにある。

 

おわりに

 

青崎有吾さんの作品で気になる作品はありましたか??

 

裏染天馬シリーズは鉄板ですが、他の作品も素晴らしいロジックが炸裂する良作ばかりです。

 

今後の“平成のエラリー・クイーン”がどのようなお話を書いてくれるのか楽しみですね(*^^*)